クレジットカードだけじゃない!意外と知らない様々な支払い方法

ネットショッピングでは様々な支払いが使える

インターネットで多くの買い物ができるようになりましたが、その時に使われる決済手段として、クレジットカードに対応する店舗が多くなっています。商品やサービスによっては、特に月額での契約の場合、支払い方法がクレジットカードに限定されるケースもあります。ただ、クレジットカードを持てる年齢に達していない人や、経済的理由などにより、カードでの支払いができない人も多くいます。こうした人たちのために用意されているのが、郵送された払込用紙をコンビニに持ち込み現金で支払うCVSネット決済や、銀行口座の残高分を上限として支払いができる、デビットカードなどの決済手段です。主要なネットショッピングサイトではクレジットカードと同様、これらの決済手段も広く活用されています。

それぞれの決済手段と適した使い方

クレジットカード以外の決済手段には、利用者によって適したものが用意されています。払込用紙に記載された金額をコンビニで支払う「CVSネット決済」は、原則現金での支払いとなる代わりに、電話番号と受付番号で済ませられる利点があります。クレジットカード番号の悪用が心配な人や、銀行振込、代引きなどの面倒な手間を省きたい人に好まれます。銀行口座の預金を引き落として支払いを行う「デビットカード」は、クレジットカードと同様、カード番号で素早く決済ができます。クレジットカードを持てない人や、必要以上の金額請求を避けたい人に好まれます。公共料金などの支払いに利用される「ペイジー料金収納」は、金融機関などの口座を通じて、現金自動預け払い機から支払うことができます。コンビニ等に行く時間がない人や、現金の持ち合わせがなく、口座で済ませたい人に好まれます。

© Copyright Which Card Right. All Rights Reserved.