クレジットカードのメリットデメリット

クレジットカードのメリット

クレジットカードは今や当たり前に使われている時代です。ネットショッピングの決済などでも便利ですね。まず、クレジットカードのメリットについて紹介します。まず1つ目は、現金払いと違って、ポイントが付くという点です。ポイントやマイルがたまれば、単に決済だけでなく、たまったポイントで商品を購入したり、交通機関を利用出来ます。お得感があります。2つ目は、ポイントに加えて、特典が受けられる点です。カードの種類によって異なりますが、ガソリン代が割り引かれたり、映画館の入場券を格安で手に入れる事ができたりという点で現金払いとは異なります。3つ目は、明細が残るという点です。使っただけの支払いの履歴が出ますので、家計簿をつけなくても何にどのくらい使ったのかがわかります。以上がクレジットカードのメリットです。

クレジットカードのデメリット、その他カードとの比較

クレジットカードのデメリットは、1つ目に使い過ぎです。現金は手元や残高がなければ使えませんが、クレジットカードは上限までは使用できてしまうため、引き落としの時期になって滞納するという危険性があります。2つ目は、不正利用の可能性があります。第3者によって、盗まれたり、スキミング(クレジットカードのコピー)をされると、現金以上に被害が拡大してしまいます。以上のようにデメリットもありますが、インターネットショッピングの決済をクレジットカードを用いて行い、ネットバンキングで引き落とすというのは今や当たり前に行われており、スピーディに商品が購入でき、手元に届くという利点もあります。また、デビットカードは口座残高がなければ、利用できず1回払いのみ可能などの制限がありますが、クレジットカードはその時点での残高に関係なく、分割払いも可能という点で優れています。

クレジットカードで決済する場合、現金を持っていなくても支払いを済ませられるため、高額な買い物をする際に大変便利です。

© Copyright Which Card Right. All Rights Reserved.